好きなものを好きなだけ

好きなように思うままに書き綴っていきます。日記、旅行記、買った物レビュー ...and more

【タイ旅行】3日目 前半

今日は王宮やワット・ポー、ワット・アルンに行く予定にしていましたが、変更して買い物観光の日にしました。
ワット・ポーとかワット・アルンは入れるみたいだったんですが、周囲が混雑していそうだし、どっちも修復中なので見送ったのです。

急きょ予定を変更し、まずは朝ごはんです。 

 

f:id:shury-sakura:20170201201008j:plain

タイのマックには「ジョーク」があります。

ジョークはタイ風お粥のことです。
ホテルの近くにマックがあったので、せっかくだから行ってきました。 

f:id:shury-sakura:20170201200952j:plain

固めのお粥の上に砕いたフライドチキン、パクチーがと入ってます。
上に乗ってる卵はオプションです。
味はまぁまぁ、ですかねぇ。まぁ、お粥だし…
お粥にフライドチキンとちょっと重めではあるんですが、朝ごはんだからこんなもんでしょう。

なお、一緒に頼んだオレンジジュースのほうが、ジョークよりお高かったです…(予想外)


腹ごしらえが済んだら、マッサージです。
時間があるので、朝イチ、9時からマッサージに行くことにしました。
お店は昨夜のうちに決めていたので友達と連れ立って歩いて行ったのですが、一昨日、どうしても見つからなかったお店が見つかりました。

 

ネイルプラス……!

 

店舗写真のイメージから、なんとなくスクンビットの大通りのほうだと思っていたんだけど、ソイ19のほうでした。
そうかー…ここにあったかー…

 

なんとなくがっくりしながら、本日の目的であるヘルスランドを目指します。
地図を見る限り簡単なのですが、看板らしきものが見えないので、どこにあるのかはっきりしません。車もけっこう走っているので、信号どこころか横断歩道もない道路を渡りたくない、というのもあります(笑)
タイの道路ってホントに信号ないんですよ。
ちなみに電線はこんな感じ。見てるだけでなんか不安になります。 

f:id:shury-sakura:20170201201303j:plain

 

wi-fiで場所を確認して歩いていくとありました、ヘルスランド!

f:id:shury-sakura:20170201201144j:plain

 

元々はお屋敷だったということなので、建物も大きいし、庭も広いです。
9時オープンで9時5分ごろにいきましたが、既に数人いました。たぶん全員日本人…朝イチは日本人しかいないところが、とても日本人らしいと思います(笑)
受付に行くとカウンターの外に男性がいて、その人が起票して受付(レジ)に回してくれます。英語が喋れるようですが、私は喋れないんですよねー
ただ、すぐに「タイコシキ!」と理解してくれました。
(でも、こんなに日本人が来るなら、日本語のメニューとかおいてほしいと思う…)

 

私はタイ古式マッサージを希望していたわけですが、友達はグダグダしているうちに、タイ古式マッサージになっていました。
ブチブチ言ってましたが、ここに来てアナタなにをするつもりだったのよ…ちょっと脱力。

 

ロビーみたいなところでちょっと待っていると、すぐに放送で呼ばれました。
お迎えのおばちゃんと一緒にエレベーターに乗り込んで、お部屋に向かいます。エレベーターから出ると、普通のビジネスホテルみたいなところでした。
そのまま部屋に案内されて、着替えです。
フリーサイズの着替えを渡されるので、どんな格好で行ってもOKですよー。

 

で、がっつり2時間コース。
2時間もマッサージしてもらえるなんて最高です
ちゃんと教育されているのか、おばちゃんたちの私語もなく、ゆったりとした中でがっつりマッサージしてもらえて良かったです。


その後、いったんホテルに戻って、タクシーを呼んでもらいました。
バイヨークスカイにあるフルーツ食べ放題に行くのです。

で、わざわざホテルに戻ったのは、タクシーを呼んでもらうためです。
流しのタクシーを捕まえるというのがなかなかハードルが高く、あーだこーだと話をしているうちにホテルに戻ってきちゃったんですよね…
ホテルで呼んでもらえばマトモなタクシーに乗れるだろう、ってことですが、結果的に…

 

ぼったくられました(笑)

 

メーターを倒さずに、100Bって言われました。
あれ? とは思ったものの、100B=300円か…と計算してしまうと、ぼったくりでもまぁいいや、と思ってしまって、そのままうなずいちゃいました。
ていうか、ホテルに来るタクシーだろうとなんだろうと、ふっかけられるときはふっかけてくるタイ人のアグレッシブさはすごいと思うよ。良くも悪くも。

気前よく払ってあげたせいか、タクシーのおっちゃんはご機嫌で私たちをバイヨークスカイに連れてってくれました。
途中、サファリパーク(?)に行こう!という営業をかけられたのは、間違いなくカモだと思われたんだろうけど。

 

そんなわけで、バイヨークスカイのフルーツコートです。 

f:id:shury-sakura:20170201201420j:plain

 

ガイドブック「まっぷる」にフルーツ食べ放題のお店として載ってました。
最初はツアーで食べ放題の果樹園に行こうと思ってたんですが、ちょっと遠いし高いのでバンコク市内で探したところ見つけた、という感じです。


バイヨークスカイホテルのロビー階にあるので、エレベーターでそのまま上がってしまえばお店に行けます。

f:id:shury-sakura:20170201201521j:plain

 

席に案内されてから料金を支払って食べ放題開始です。
冷蔵ケースから自由に取って食べることができます。 f:id:shury-sakura:20170201201436j:plain

f:id:shury-sakura:20170201201556j:plain

f:id:shury-sakura:20170201201615j:plain

 

タイという南国に来たので、南国フルーツ!と思っていたのですが、見たことのない果物というのはあまりなかったです。

メロン、ドラゴンフルーツ、スイカ、パイナップル…ここらへんは、冷蔵ケースに切ったものが入ってます。
マンゴーもありますが、もち米と一緒にお皿に盛り付けてあるので、マンゴーだけ食べ放題は難しいところです。
ドリアンはマンゴーとおなじようにもち米と一緒に盛り付けてありました。ラップがかかった状態で置いてあります。
ちょっと珍しいものとしてはジャックフルーツがあったくらいかな。

 

正直に言います。
日本で食べるフルーツのほうが間違いなく美味しいです。
メロン、スイカ、パイナップル…あたりは日本でもよく食べますが、日本の果物のほうが甘さもみずみずしさも上でした。
南国フルーツというだけで美味しいに違いない、と思ってたのが間違いだったんですね…
マンゴーも美味しいけど普通、ジャックフルーツは好みが分かれる(私はイマイチ)、ドラゴンフルーツは味がほとんどない、ドリアンは甘さはあるけど珍味だな、というのが正直な感想です。

 

もしかすると夏なら、もっと美味しくて色んな種類の果物があるのかもしれませんが、私はもういいかなぁ~…ちょっと期待していただけに残念でなりません。
250Bだか300Bなのでこんなもんなのかもしれません。

 

微妙な気持ちになりつつ店をあとにし、サイアム駅に向かうことにしました。
事前に調べたところ、バイヨークスカイからサイアム駅行きの無料シャトルバスがあるみたいなんですよね。エレベーターの近くにもシャトルバスの案内があったので、せっかくだから乗ってみることにしました。

シャトルバスの時刻表を見ていたところ、エレベーターの近くにいたベルボーイさんが教えてくれました。エレベーターを降りて左手にある、と。
英語なので大体の理解しかできませんでしたが、大筋で間違ってはないだろうと思います。

 

が、わからない。

 

エレベーターを降りて左手に行くと駐車場があるんですが、シャトルバスっぽいのが停まってないんですよ。
大型バスとか、ふつうの車とかも停まってるけど、なーんか違うっぽい。駐車場の端のほうの休憩所みたいなとこでは現地の人がなんか食事してるし…
シャトルバスが分からず駐車場をウロウロしている間に発車時刻が迫ってきます。

 

これは無理だろうか、と思っていると、それっぽい建物をようやく見つけることができました…!
駐車場の入り口から左手のほうに、しっかりとした待合室があったんですよ。クーラーも入っているちゃんとした建物です。
なんとなくシャトルバスが停まっていて、先着順で乗り込んでいるものと思ったので待合室とは思わなんだ…。
かろうじてガラス戸にも「シャトルバス(英語)」と書かれてました。

 

そんなこんなで中で待っていた人々と一緒に、シャトルバスという名のヴァンに乗ってサイアム駅へ。
乗り心地は良いもんじゃないですが、無料で連れて行ってくれるんだからそんなもんでしょう。

 

→次:サイアム・パラゴン&アジアンティーク・リバーフロント

shury-sakura.hatenablog.com