読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものを好きなだけ

好きなように思うままに書き綴っていきます。日記、旅行記、買った物レビュー ...and more

【タイ旅行】2日目 後半

アユタヤのあとはチャトウチャック・ウィークエンドマーケットです。
バンコク帰着が16時くらいだったので行けるだろう、と予定していたのですが、実際には15時前に到着しました(笑)
帰りは車飛ばしてたからなぁ…。往路よりも短い移動時間だったわ。

 

ランチのあとガイドさんに、ホテルじゃなくチャトウチャック・ウィークエンドマーケットに行きやすいところに下してほしい、とお願いしたので、サイアム駅前で車を降りました。
私たちがそんな話をしていたら、ご一緒していたご夫妻の奥様も「私たちも行く!」になったので、一緒に降りました。旦那様は買い物が嫌いだと言っていましたが…大丈夫なんだろうか。

 

サイアム駅は混んでましたね、やっぱり。
ご夫婦に切符の買い方を教えてもらい、一緒に電車で移動。
電車は新しいし、とても綺麗です。液晶モニタなんかもあったのですが、時期が時期だけに国王の追悼映像だけが流れていました。

 

たどり着いた駅は、モーチット駅。
チャトウチャックウィークエンドマーケットの最寄駅です。
ここもね、激混み!すっごい混んでる!
ご夫妻が帰り混むことを考えて先に切符を買っておく、と言っていたので、マネして買いました。マーケットの終わり時間の被ったら切符買うだけで大変かもしれないしね。

 

で、人波に乗って向かったわけなんですが、あまりにも人がすごくて友達とはぐれてしまいました…!
確かに混んではいるけど、はぐれるほどではなかったんだよ。
なのに、はぐれた…orz
はぐれる予定ではなかったので、特にはぐれたときの対処も決めておかず、探し回るしかありません。
しばらくウロウロしてたら、立ち止まって人の流れから探し出そうとしている友達を見つけたので、無事合流できました。
とくに決めたわけではなったのですが、はぐれたら片方が探す、片方は動かない、けっこう鉄板ですよね。

 

よく場所が分からないので、人の流れに乗ってマーケット内に入りました。
いやー、すごいね!
人もいっぱいだし、お店もいっぱい! いっぱいありすぎて、わかんない!
「歩くバンコク」のオススメルートである大通りを一周するように歩くと、本当にいろいろなお店があります。雑多な感じは屋根のあるフリマってところでしょうか。

道なりに歩いていくと、メインゲートと思われるところに到着しました。
この時点でけっこう雲行きが怪しいですね…

 

f:id:shury-sakura:20170128174246j:plain

この出入口の正面に、ショッピングセンターのような建物があります。名前は分かりません。
土日は休みみたいなんですが、有料トイレがありました。5Bだったかな?
ただねー…道路を超えていかなきゃいけないんですよ。
けっこう車通りの多い道路で、横断歩道はあるものの、信号はありません。右を向き、左を向き、みんなで渡れば怖くない! で渡るしかありませんでした(笑)
横断したいと待ち構えている人の動きを見て、一緒に渡っていくのがいいと思います…玄人にくっ付いて行くのがたぶん安全です(笑)

 

またダラダラと歩き、もう少しで入った入口に着くといったところで、雲行きがさらに怪しくなりました。
なんか暗くなってきたな~…とは思っていたのですが、パラ、と水滴が落ちてきたと思ったら……一気に土砂降り!!
日本でいう「ゲリラ豪雨」、いわゆるスコールってやつですかね。
みなさん慣れているのか、一瞬のうちに屋根のあるところに逃げ込んでいきます。私たちも近場の屋根の下に逃げ込みつつ、ジリジリと出口に向かっていきました。

 

でもねー…止む様子ないんだよね。
ホースで水を撒いているのか、ってくらいの豪雨で、なかなかやまない。スコールってすぐに止むもんじゃないの?と思うわけですよ。
そういえば、昨日もホテルに戻ってきたあたりで強い雨が降っちゃったし、このまま止まないんじゃ…?と不安になりました。
雨宿りしている人がたくさんいるものの、お店は店じまいをしているのでずっと軒先にいるのもなぁ…って感じでした。

 

そんなわけで折りたたみ傘を取り出し、駅に向かいました。
駅までは徒歩5分もありませんが、同じく駅に向かう人でごった返しているので歩道は渋滞状態です。
でも、歩道からはみ出て歩けるような道でもないので、のろのろと進むしかありません。


その渋滞は駅前が一番ひどかったです。
駅に行くには階段を上がらなきゃいけないんだけど、その階段が狭くて昇り1列、下り1列なんだよね。その上、階段の下には大きな水たまり!確実に足首まで浸かる深さです。
その水たまりを避けて階段に行こうとする人だかりが凄かったです…
まぁ、それをかき分けて駅に行ったんですけどね(笑)

17時くらいまでマーケットにいるつもりでしたが、この時点で16時でした。
予定よりは早いものの、雨のせいなら仕方ないので予定を前倒しにするしかありません。

 

次は夕食、ソンブーンです!!
プー・パッポン・カリーの元祖(?)ということで、るるぶにも大きく紹介されていました。
マーケットからホテルへの帰り道であるサイアムにあるソンブーンに行きました。
まだ17時前のせいかお店は空いていて、すぐに案内してもらえました。

ソンブーン店内はすっごく綺麗です。
おしゃれーで落ち着いた雰囲気なので、いわゆる高級志向のお店なんだと思います。
タイらしさは薄いのかもしれませんが、落ち着いていて私は好きです。

 

これを食べなきゃ何しにきたの!?っていうプー・パッポン・カリー。

f:id:shury-sakura:20170128174350j:plain

注文時、「ご飯は?」と訊かれたのですが、いつもの癖で要らないと断ってしまいました。
でも、これはご飯必須! あとから注文しました(笑)

色は辛そうですが、全く辛くありません。むしろ甘いです。
蟹の殻を割るハサミ?がテーブルのおいてあるので、自分で割って蟹を食べます。面倒ではありますが、手を汚さずにはいられないほど美味しいです。
ティッシュ的なものはおいてあるんですが、ベタベタするのでウエットティッシュがあると良いと思います。

 

空芯菜炒めと海老しんじょ揚げ。 

f:id:shury-sakura:20170128174405j:plain

 

海老のグリル。

アユタヤで食べられなかったので、ここで注文しました。 

付けて食べるソースが結構辛かったです。
(友達はかなり気に入っていて、海老しんじょにもつけていました)

f:id:shury-sakura:20170128224510j:plain

 

マンゴー!
カオニャオ・マムアンってやつですね。 

f:id:shury-sakura:20170128174524j:plain

もち米!?っていうことでイマイチ判定されてたりしますが、私は結構好きです。ココナッツミルクもかけたい派。
ただ……もち米はお腹いっぱいになっちゃうのよね…

 

有名店だけあって、とても美味しかったです。
私たちが帰るころにはお店の外で待っている人がいたので、早めに行って大正解でした。

 

その後、ネイルサロンが諦めきれない友達と別れ、ホテルに帰りました。
部屋の前まで来ると、ドアの下にカードが置かれていました。 

f:id:shury-sakura:20170128174605j:plain

 

「???」と思いつつ部屋に入ると、掃除がされていません。
更に「???」と思いながらカードを見る限り、「部屋に居なかったから掃除はしませんでした」ということのようです…

 

なんで!?

 

部屋の掃除って、勝手に入ってするもんじゃないの!?
掃除してくれカードを外に出さなきゃいかんのかと思いつつドアノブを見ても、そういったものはぶら下がっていません。
クローゼットの中にも入ってなさそう…

 

なぜだ…と思いつつも、掃除はしてほしいので、フロントに行きました。
カードを見せたら理解してくれて掃除の手配もすぐ、掃除の人もすぐ来ましたが…その間、外に出ててくれ、と言われてしまいます。
ですよねー…
部屋でダラダラしたかったなーと思いつつ、ロビーでダラダラ。

 

部屋の掃除って一般的に勝手にしてくれるものですよね…
英語ができないので、どういうことなの? と確認することもできないのがもどかしいです。