読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなものを好きなだけ

好きなように思うままに書き綴っていきます。日記、旅行記、買った物レビュー ...and more

【タイ旅行】2日目 前半

本日はアユタヤツアーです。
Veltra経由でスペースバスさんのアユタヤツアーに参加しました。

 

<申し込んだツアー>

 

このツアーを選んだのは、他のツアー会社にない「ロッティサイマイ」が入っていたからです。あと、バンコク帰着がそこそこ早い。

 

朝7:10に、ホテルのロビーまでお迎えに来てくれるというので、ちょっと早めにロビーに降りました。
ツアー会社のガイドさん、と分かるような人がいなかったのでソファーに座っていると、コンシェルジュデスクから名前を呼ばれました。
隣のソファー座っていた人がガイドさんだったようです(笑)
呼び出してもらうためにコンシェルジュのところに行ったっぽいですが、もうちょっとツアー会社だと主張してくれないと、声をかけるにかけられないよ…

 

で、ワゴンというかヴァンに乗って出発です。
本日はもう一組一緒ということで、その方のホテルに向かいます。ご一緒したのは名古屋から来たというご夫婦で、奥様がお話し好きだったのか、いろいろお話ししました。

高速に乗ってヴァンは進むわけですが、けっこう道が酷いです。
酔い止めを飲むのを忘れてしまったせいか、気持ち悪くなってしまったので慌てて飲みました。
車酔いしやすい方は絶対飲んでいたほうがいいです。

 

まず最初はバンパイン宮殿。
天気が悪いような予報でしたが、こちらは快晴です。
眩しいくらいすっごい晴れていました。

 

車から降りるとトイレを案内され、その間に入場の手続きをしてくれていたようです。
車の中が寒かったので長袖パーカーを羽織ってたんですが、外に出たら暑かったのでトイレで脱いだんですよ。
そしたら、ガイドさんに「着ていて」と言われてしまいました。
パーカーの下はグレーのTシャツです。袖は短めですが、ちゃんと肩は隠れるくらいあるんですが…思ったより厳しいなぁ、と思いつつ、パーカーを着直して庭園内に入りました。

 

バンパイン宮殿はツアーで来る人が多いのか、少人数にガイドさん1人といった構成が多いようでした。アジア系も欧米系もそんな感じで、多くても5~6人くらい。
御一行様、みたいのはあまり見ませんでした。
※ただ、ガイドさんの口ぶりからすると、中国系のツアー客を避けて午前中のスケジュールで組んでいるようでした。午後になると中国系ツアー団体が来るのかも?

 

ツアーでは道すがら建物について説明をしてくれます。

f:id:shury-sakura:20170128162821j:plain

f:id:shury-sakura:20170128163018j:plain

f:id:shury-sakura:20170128163110j:plain

 

f:id:shury-sakura:20170128162817j:plain

鯉のエサやり場からの景色。

エサはパンです。一斤くらいをそのまま渡され、ちぎって池に投げると大きい鯉がバチャバチャします。

 

f:id:shury-sakura:20170128163058j:plain

中にある螺旋階段で3階まで登ることができますが、私は運動不足がたたったのか、左の前腿を痛めました…
タイから帰るまでずっと痛かったです。

f:id:shury-sakura:20170128163149j:plain

f:id:shury-sakura:20170128163207j:plain

 

ここは庭園内を歩いて、建物を見たり、景色を見たりするところです。
けっこう広いのでカートみたいのにも乗ることができるようですが、歩いて回っても問題ないかなー。

f:id:shury-sakura:20170128163648j:plain

f:id:shury-sakura:20170128163740j:plain

f:id:shury-sakura:20170128163755j:plain

 

f:id:shury-sakura:20170128163028j:plain

時期的なものか、ポケゴー禁止の張り紙(笑)

タイでも問題になってたんですねぇ…

 

なお、出口には土産物屋を通らないと行けません(笑)

暑かったのでアイスに心惹かれましたが、グッとこらえて車に戻ります。
社内では冷えた水のペットボトルをもらいました。喉が渇いていたので嬉しかったです。

 

続いて、日本人街。
中には入らず外から眺めるだけでした。

f:id:shury-sakura:20170128163914j:plain

街が形成された経緯とかをガイドさんが話してくれましたが、よく分かりませんでした…


→次:アユタヤ観光